読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROBOMECH2017 参加報告

概要 ROBOMECH2017@郡山に参加しました。ROBOMECHは1300人以上のロボット技術者が集まる査読なし国内学会です。 僕は、「開リンク系の O(log2 n)非同期運動学計算法」というタイトルで発表しました。 10万関節くらいのロボットを想定すると、全センサを一度…

競プロ歴半年のハムスターが、競プロのおかげで留学中に4ヶ月でロボットアルゴリズムを発明してトップ学会に論文通した話

これはCompetitive Programming (その2) Advent Calendar 2016 - Adventar の5日目の記事です. 概要 競プロ歴半年のハムスターが、競プロのおかげで留学中に4ヶ月でロボットアルゴリズムを発明して、ロボット系のトップカンファレンスに論文通した話をし…

yukicoder 456の作問と、冬の大三角と(^^*)のテスター記録

投稿型プログラミングコンテストであるyukicoderで、僕が作った1問でコンテストが開かれた。この問題は、yukicoderに1日1問アルゴリズムに関する問題を出すイベントである、yukicoder Advent Calendarの問題として出された。yukicoderは最近勢いのあるコンテ…

博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2016 参加記録

博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2016に参加した。産官の人事へのアピールと、英語討論登壇(リーディングプログラム間のSNS活用によるコラボレーション環境構築)のため、このフォーラムに行った。アピールはうまくいった。英語討論会は、登壇…

東大女子限定ハッカソン Teatime Hackathon 2016 参加記録

東京大学Teatime Hackathon 2016のメンターを、GCLのRAとして引き受けた。Teatime Hackathonは、東京大学の女子学生を文理・学部大学院問わず集めて行うハッカソンである。今回のテーマは「日常に感動を」であった。メンターは、女子学生の技術サポートをす…

CODE FESTIVAL 2016 Final 参加記録

日本最大のオンサイトプログラミングコンテスト、CODE FESTIVALに参加した。プログラミングコンテストと言うが、実際にはアルゴリズムコンテストという感じ。僕はドイツ留学中に、このコンテストの予選を突破した。 http://intelhamko.hatenablog.com/entry/…

ドイツ留学記録

2016年4月から半年間、ドイツ留学した。ミュンヘン工科大学のProf. Gordon Chengの研究室で、Marie Curie奨学金を受け取りながら触覚系のプロジェクトに採用して頂いた。リーディングプログラムから旅費も出る。この待遇は、金銭的にもキャリアパスとしても…

yukicoder 423-426 作問記録

投稿型プログラミングコンテストであるyukicoderで、僕が作った4問でコンテストが開かれた。yukicoderは最近勢いのあるコンテスト基盤で、気軽に皆が問題を投稿できることが特徴である。16世紀のルネサンスのような、問題を出し合って解き合う雰囲気が楽しい…

CODE FESTIVAL 2016 qual A 参加記録

日本最大のオンサイトプログラミングコンテスト、CODE FESTIVALの予選に参加した。プログラミングコンテストと言うが、実際にはアルゴリズムコンテストという感じ。このコンテストは、大学生・大学院生・未就業者を220人(!)集めて開催される。人数が多い…

ブログの目的

今後、イベント参加の記録にブログを使う。最近、オンサイトのプログラミングコンテストやハッカソン運営や、博士課程教育リーディングプログラムフォーラム、その他さまざまなイベントに参加する予定がある。今までも、IMPACT学生討論やらロボコンやらロボ…